マイトリーへようこそ ~季節のお出迎え~

Welcome to MAITRII

マイトリーへようこそ
~季節のお出迎え~

季節のお出迎え

マイトリーでは季節に応じ、さまざまな趣向を凝らしてお出迎えしております。

これまでの季節ごとに異なるマイトリーの風景を写真でご紹介いたします。

どうぞお楽しみくださいませ。

 
マイトリーの七夕(2020年7月~8月)

7月から旧暦の七夕である8月25日まで約2か月ほど、マイトリーの七夕をお楽しみいただきました。

受付には笹。

 

折り紙で作った七夕飾りを飾りました。これは天の川。

 

願いごとをするうさぎさんも。

 

笹の後ろには星空。
真ん中の天の川を挟んで、向かって左側にわし座。
わし座の真ん中の大きな光がひこ星(アルタイル)
向かって右にこと座。

右上の方の大きな星が織姫(ベガ)です。

 

彩り豊かな千代紙で短冊を作って、
皆様にお願い事を書いていただきました。

8月にお越しくださったクライアント様には
「天の川の星のかけら」をお配りしておりました。
京都の老舗金平糖店「緑樹庵清水」さんの職人さん手作りの金平糖です。

マイトリーの端午の節句(2020年5月)

端午の節句はミニ兜とミニ鯉のぼりでお出迎え

小さくとも堂々とした陶器の兜。

 

菜の花と鯉のぼり

 

マイトリーの桃の節句(2020年3月)

2年目の春も、3月1日~3日までの間、雛祭りの麹の甘酒と花せんべいをお楽しみいただきました。

甘酒は自然栽培の玄米を、
代々伝わる蔵付きの麹菌で発酵させた優しい味わいの甘酒。
花せんべいは地元の老舗和菓子店のものです。
2年目は京都緑樹庵さんの職人さん手作りの金平糖も。

 

桃の花がサロンに春を運んでくれました。

 

小さいけれど5段の御雛人形も。

マイトリーの節分(2020年2月)

2月は節分。豆で鬼を祓って邪気祓い♪

2年目もお越しの皆さまにお豆をご用意いたしました。
明治41年創業、豆菓子一筋100余年の名店、京都「豆福本舗」さんのお豆。国産大豆使用です。

 

鬼のお面は2年越しの活躍。奥の鬼と福のお顔はクライアント様が「飾って♪」とお持ちくださったもの(ありがとうございます!)
恵方巻はスタッフみんなで、当日、恵方を向いて食べました☆彡

 

マイトリーのお正月(2020年1月)

1月15日の小正月までお正月のお祝い飾りでお出迎えいたしました。

入り口正面に門松。お祝いの鶴とともに。

 

扉にしめ縄。

 

朝比奈の愛犬をマスコットに年賀カードの撮影会♪
よいお顔をしてくれました。

お越しくださったクライアント様に
「マイトリー新春おみくじ」を引いていただきました☆彡
2020年、貴方に訪れる幸運は?

 

マイトリーのクリスマス(2019年10月~12月)

マイトリーでは秋口からクリスマスが始まります♪
11月、12月にはサロン中がクリスマスでいっぱい。
世界中に愛が溢れる季節、クリスマス。マイトリーのサロンでも沢山感じて頂けますように。

2019年クリスマスの入り口にはドライハーブのリース。
受付には雪が舞い散りました♪→動画を見たい方はこちら

 

ツリーのふもとには沢山のプレゼント。
日に日に増えて置けないくらいになりました。

 

手前はクリスマスの香辛料などでできたドライアレンジメント。いい香りがほのかに漂います。

2019年も2本のツリー。受付のツリーと、
廊下の奥には白く輝くもう一本のツリー。

朝比奈の愛犬をマスコットに写真撮影。クリスマスカードに

イブの日に、私たちもクリスマスプレゼントを持って記念撮影♪

マイトリーのお月見と菊の節句(2019年9月)

9月9日の重陽の節句には「菊の被せ綿」を、
9月13日(2019年)の中秋の名月にはお月見をお楽しみいただきました。

入り口の看板にはお月見のアレンジメント。
看板の上にはちいなさ丸いお月様が出ています。

 

9月9日重陽の節句の「菊の被せ綿」。
前日から菊に綿をかぶせておいて、菊の香りや
夜露が含まれた綿で肌を拭くと、無病息災になる
と言われる、平安時代からの宮中行事。
お越しのクライアント様にも綿で肌を拭って
楽しんで頂きました。

 

 

2019年は9月13日が十五夜のお月様。(中秋の名月)
サロンにもススキと月が。

当日は手作りのお団子も。

菊は古くから薬効があるとされ、邪気を払うためにも用いられてきました。

重陽の節句は、中国で古来から縁起が良いとされる「奇数(陽の数)」、その中でも最も大きな「九」が重なるという大変めでたい日。一方で陽の気が強すぎて、陰の側面が出やすい時ともされるため、菊を使って邪気を祓い、無病息災を祈る風習が沢山あります。
マイトリーでは「菊の被せ綿」で皆様の邪気を祓い、無病息災を祈っていただきました。

古来からの行事にしたがって、折に触れ邪気を祓い、健康で幸せな毎日をお過ごしいただけますように。

マイトリーの桃の節句(2019年3月)

3月1日~3日までの間、雛祭りの麹の甘酒と花せんべいをお楽しみいただきました。

甘酒は自然栽培の玄米を、
代々伝わる蔵付きの麹菌で発酵させた優しい味わいの甘酒。
花せんべいは地元の老舗和菓子店のものです。

 

受付には桃の花と菱餅。
大安の2月27日から飾った昔ながらの菱餅は、
日が立つとともに乾きます。自然の姿。
雛祭りの後は、これをあられにして頂きました。

 

飾った当初は蕾だった桃の花もきれいに花ひらきました。

飾った当初は蕾だった桃の花もきれいに花ひらきました。

桃は木へんに兆と書くように、「物事や生命の兆し」を表します。

中国では不老長寿の実、桃源郷の仙果と言われ、日本でも古くから鬼(邪気)を祓う力があるとされます。
 

桃の節句も、やはり季節の変わり目に現れやすい邪気を祓う行事。
 

古来からの行事にしたがって、折に触れ邪気を祓い、健康で幸せな毎日をお過ごしいただけますように。

マイトリーの節分(2019年2月)

2月3日の節分には、ミニミニ豆まきをお楽しみいただきました(*^_^*)
節分の豆まきは、季節の変わり目に生じると考えられてきた邪気(鬼)を払う行事。
そこで、マイトリーでもミニ豆まきで邪気を払って頂きました。

鬼のお面と福豆。
そばにいるのはマスコットのペンギンちゃん。

 

お帰りの際、ご希望の方に
受付にて「鬼は外、福は内~」と、
ミニ豆まきをお楽しみいただきました。

 

豆まきで鬼(邪気)を祓ってスッキリ!よき1年となりますように。

マイトリーのお正月(2019年1月)

1月15日の小正月まで、お正月のお祝い飾りでお出迎えしておりました。

入り口にしめ縄。

 

シンプルな門松

 

入り口を入ると紅白の水引

亀の水引と南天の実。

皆さまの新しい1年が良き1年となりますように。

マイトリーのクリスマス(2018年11月~12月)

マイトリーは今、クリスマスでいっぱい。
サロンの色々なところで、クリスマスを見つけていただけます。

寒い冬の中、家族や大切な人と暖炉のそばに集まるひと時・・
クリスマスの温かさをお楽しみいただけますように。

 

入り口にはフレッシュのクリスマスリース。
扉を開け閉めすると、モミの香りがふわりと漂います。

 

はじめにお出迎えするのは雪が積もったクリスマスツリー

 

ツリーの麓には沢山のプレゼント♪

 

スノーマンを探せ♪
マイトリーのスノーマンとトナカイさんは、
毎日、気の向くままにいろいろなところに登場します♪
サロンにお越しの際は、探してみてくださいね☆

サロンのあちこちに隠れているクリスマス達。
奥に進むと更に・・
・・続きは、お越しいただいてからのお楽しみに♪