悪玉活性酸素が引き起こすカラダの不調

不調の原因の約90%は「悪玉活性酸素」

私たちの身体にあらわれる様々な不調や疾患。

その原因の約9割が「悪玉活性酸素」によるものとされていることをご存知でしょうか?

画像クリックで拡大

悪玉活性酸素が原因と考えられている疾患例

 血管系疾患:血管の老化、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、脳梗塞、高脂血症、低脂血症、低血圧症、高血圧症
 内科系疾患:がん、糖尿病(白内障)、肝炎、腎炎、胃潰瘍、大腸疾患、肝臓疾患
 皮膚系疾患:アトピー性皮膚炎、シミ・しわ、そばかす、肌荒れ、白内障、呼吸器疾患、甲状腺疾患
 その他:パーキンソン病、関節リウマチ、花粉症、鼻炎、冷え性、肩こり、便秘、疲労、二日酔い

Q. なぜ「悪玉活性酸素」によって不調になるの?

私たちの身体を構成する約60兆個の細胞。
この細胞ひとつひとつが元気で正常であれば私たちは健康を保てます。
 

ところが、「活性酸素」、
中でも悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカルなど)は
これらの細胞を攻撃して、酸化(サビ)させ、破壊します。
 

細胞が酸化されることで、身体の不調・老化が生じます。

 

Q. 細胞が酸化するってどういうこと?

鉄は酸化してサビてボロボロになり
リンゴは酸化してメラニンが発生し、茶色く変色します。
油やワインは酸化して異臭を放ち、劣化します。
 

 

酸化とは物質と酸素が結合する化学反応の事。
人の身体(細胞)も同じく酸化します。


細胞膜はデリケートな油でできており
酸化すると細胞膜の機能を果たせなくなり、細胞が破壊されます。


あらゆる器官・臓器が細胞から成り立っているので
血管の細胞が酸化されれば血管系の疾患に、
皮膚の細胞が酸化されれば皮膚疾患になる
という事です。
 

目、胃、腎臓、脳etcすべての臓器に同じことが言えます。
 

Q. 活性酸素はどこからやってくるの?

活性酸素はどこからかやってくるのではなく、
私たちの体内で毎日、作られます。

 

例えば、私たちが呼吸で吸い込んだ酸素のうち
約2%が活性酸素になるといわれます。

 

また、運動や疲労、ストレス、紫外線や放射線、食べ物の添加物などから
多くの活性酸素が作られます。
 

つまり、生きている限り体内で活性酸素は作られ続けるのです。


 

身体のサビ・こげ・老化を止める

理想の抗酸化物質「水素」

悪玉活性酸素だけを選んで除去

水素は身体に必要な善玉活性酸素とは反応せずに
悪玉活性酸素だけに反応します。
悪玉活性酸素は無害な水になって体外に排出されます。

 

つまり、身体に必要なものはそのまま残し、
悪いものだけをなくします

 

宇宙一小さな元素でどこへでも届く

水素は宇宙一小さい分子で、かつ、
周囲にすぐ広がっていく「拡散」という性質を持ちます。
 

例えば、食べ物は口から消化管で消化吸収されて、
必要な栄養が血液に流れ込みます。

そして、血流にのって体内に運ばれて作用を発揮します。
 

一方、水素吸入すると肺で血液中に入るほか、周辺組織に直接拡散します。

小さな分子で、脂にも水にも溶けるので、内臓も筋肉も骨もくぐり抜けて
細胞の中でしみこむようにスルスルと広がります


脳に外部からの侵入者が入らないように厳しくチェックし
ほとんどの物質を排除する脳の関所「血液脳関門」でさえ、水素は通り抜け脳細胞の活性酸素にアプローチ

 

体内に水素の拡散を止めるものはなく、あらゆる場所に潜り込んで活性酸素を無害化していきます。

>>もっと詳しくはこちら
水素が素早く身体の隅々まで行き渡るヒミツ

 
副作用がない

水分子を渡して、無害な水になるだけなので、
強力な効果があるにもかかわず、副作用がないことが数々の研究で分かっています。
 

次々と新発見。抗酸化作用以外にも多くの効果

更に水素には抗酸化作用の他に

などがあることが次々と発見されています。
 

抗酸化作用については、水素の直接の抗酸化作用だけではなく
長時間にわたって抗酸化作用を示すことも分かってきています。

 
猛スピードで研究が進む 医学界注目の「水素」

医学分野における水素の主な研究結果


・厚生省の「先端医療B」で、心停止後症候群に対する「水素ガス吸入療法」が認可されています。>>詳しくはこちら

・FDA(Food and Drug Administration=アメリカ食品医薬品局)により2014年に水素の安全性が確認され、
 世界的に水素の研究、活用が進んでいます。 

・順天堂大による臨床試験「パーキンソン病と水素水」を実施し優位な結果が出ています。 

・筑波大等により、アルツハイマー型と脳血管性の認知症に対する水素水の効果の検証が行われています。 

 ・日本医科大学では、動脈硬化などの原因となる活性酸素を水素が取り除き、
 脳梗塞による脳の損傷を半分以下に減らす効果があることを、同大学太田成男教授らが動物実験で確認しています。

 ・慶応大 非臨床・臨床一体型の研究を推進し、水素ガス、水素医療機器の薬事承認をめざすために
 水素ガス治療開発センターを設立しています。

  それ以外にも沢山の研究が行われています。

 

 

水素を研究している機関(例)

■ 国立/県立/私立大学      

日本医科大学 京都府立医科大学 兵庫医科大学 三重大学 福島県立医科大学 九州大学 愛知医科大学 東邦大学

福島大学 順天堂大学 島根大学 広島県立大学 東北大学 東京大学 旭川医科大学 岡山大学

防衛医科大学校 慶應義塾大学 京都大学 近畿大学 筑波大学 北里大学 山梨大学  名古屋大学 大阪大学 中部大学  

 

■ 機関/機構/企業    

国立脳心血管研究所 岐阜国際バイオテクノロジー研究所 松下電工(株)電器R&Dセンター

国立循環器病センター 東京都老人研  独立行政法人 放射線医学総合研究所 東京都健康長寿医療センター  

 

■ 海外    

ピッツバーグ大学(米国) Mediterranee大学(フランス) 泰山医科大学(中国) 

フロリダ大学(米国) 台湾国立医科大学(台湾) 甘粛農業大学(中国)

NASAゴダード宇宙飛行センター(米国) 天津医科大学(中国) 韓国カソリック大学(韓国)

ボストン医科大学(米国) 浙江大学(中国) 同徳女子大学(韓国)

ミネソタ大学(米国) 上海軍事大学(中国)